日々の活動


自然の中で・子どものペースで 「のびのび」「のんびり」と




ひだまりは 外遊びが充実した園 だと思います。晴れていれば 基本、外で遊びます。
朝から晩まで 園庭には 子どもたちの声が 響いていますし、午前中の「主活動」の時間には 園外散歩に出ることが多いです。
3歳以上児では ほとんど毎日、未満児でも 週2回程度は 園外散歩があるかと思います。
園外散歩、園周辺は 自然と変化に溢れています。
近場では「子安神社」・「姥山貝塚公園」・「大柏川沿い」など、足をのばせば 南大野地区の「こざと公園」や「くろまつ公園」など
お散歩先に困ることはありません。
さらには、市川大野駅そばの「万葉植物園」や船橋法典駅そばの「藤原こばと公園」まで 往復歩くことも。
ここまで行くと 4キロぐらいは歩きますが、日々のお散歩の積み重ねで 子どもたちは 歩くこと自体も楽しみ 現地でも走り回って 帰ってきます。
一般的な園のイメージからすると とてもよく歩く園 だと思います。
また、園バスがありますので、バスに乗って「行田公園」・「大柏川調整池緑地」・「大町自然観察園」・「鎌ヶ谷市民の森」など、
バスで10分圏内の素敵なスポットにも よくでかけます。
さらには 足をのばして「じゅん菜池緑地」・「堀の内貝塚公園」・「西船近隣公園」などに 片道20分ぐらいかけて 出かけることも。
子どもたちは バスでのお散歩も大好きです。
外での活動が充実していますが、お散歩は基本『のびのび』・『のんびり 』です。
私たち保育者も 子どもを遊ばせる という感覚ではなく、『子どもたちの力を信じて みんなが遊ぶのを見守る』といった感覚。
お散歩先も 遊具のある場所で遊ぶ というよりも、何もない林の中や 川沿い、原っぱで遊ぶことの方が 多いです。
「遊具がないと遊べない」と思い込んでいるのは 子どもではなく むしろ大人の方。
何もないところに行き続けると、木や草・虫たちと遊んだり、面白そうなことを見つける力が次第についてきて、
思い思いにのびのびと遊べるように なるんですよ。
活動は 全員でお出かけをすることもありますが、学年単独や 上下の1学年ぐらいの子と一緒に動くことが多いです。
小さな園ですので、学年ごとの人数に ばらつきがある場合もありますが、
「大きな家族」のように、異年齢の緩やかなつながりの中で その分じっくりと 様々な体験が出来る かと思います。


3人そろってジャンプ!

しだれ桜満開の駒形大神社周辺

大柏川調整池緑地でのびのび

雪の日の行田公園

土手での「手押し車」が楽しい!

行田公園から歩いて帰りました!

秋の子安神社は黄色いじゅうたん

川面に桜の花びらが流れます

手を差し出す優しい男の子

ネギの苗を植えています

西船近隣公園にて

枝を使った秘密基地づくり

園庭砂場のひとこま

何やらおままごとが始まりました

下の子のお世話をしてくれます

こざと公園に白鳥が!

姥山貝塚公園で思い思いに

鎌ヶ谷市制記念公園にて

鎌ヶ谷市民の森はいつも貸切(笑)

川沿い、消防署付近

これからこざと公園に向かいます

カメやカモを見るのが楽しいです

上山公園、ローラー滑り台で大興奮

大町鑑賞植物園の温室散策

様々な電車が通って楽しいです

堀の内貝塚公園を探検中

近所の階段&坂道スポット

夏でも涼しい行田公園石段付近

変化に富んだ長津川親水公園

園庭で遊ぶ兄妹のスナップ

雨の日に行った市立歴史博物館

くつろぎの市立万葉植物園

草原で広がって遊ぶみんなが素敵

満開の大町バラ園にて

行田公園にて

坂道を歩くだけで楽しいですよね

茂みに飛び込んで虫探し

林の中での斜面よじ登り

端午の節句イベントのひとこま

神社の参道、長い直線を走ります